TEL 0985-54-1127

©2019 by South Miyazaki Kidney Clinic.

FAX 0985-54-1163

腎臓内科 宮崎市 透析 血液透析 宮崎県 宮崎 腎臓病 腎臓内科 CKD 人工透析 糖尿病 蛋白尿 血尿 

"元気"で"長生き"を目指します。

様々な透析方法

 

宮崎南 じんクリニックでは

通常の透析の他にも

患者様の状態に合わせてon-line HDFや

透析中の血圧低下を防ぐことができる

iHDFを施行しています。

ご希望の方には

長時間透析も対応可能です。

最新の透析管理

 

宮崎南じんクリニックでは

最新の透析装置で

透析中の管理をしています。

 

また透析の要である水は

関連学会の推奨する

最高基準を満たしています。

合併症のケア

クリニックでの

定期的な採血や超音波検査に加え

連携医療機関にて精密検査を行い

腎臓以外の臓器の異常も

チェックします。

必要な場合は

高度医療機関の専門科に紹介し

全身の合併症を管理します。

送迎サービス

 

透析後は体調が変化しやすいため

車の運転は危険を伴います。

宮崎南じんクリニックでは

ご自宅やご入所中の福祉施設への

無料送迎サービスを提供しています。

 

宮崎市及び周辺地域へ

運行しています。

透析に配慮したお食事

宮崎南じんクリニックでは

医師・栄養士が監修した

安全で安心な食材のお弁当を

ご用意しています。

 

​手軽さと、気にせず全て食べられる

気楽さが好評です。

 
 
 
 
 

透析の疑問・お悩みについてお答えします。

透析の後がきつい、ドライウェイトの相談がしたい

当クリニックでは体調を重視したドライウェイト管理を行っています。心胸比や血圧などで画一的に体重を調整するのではなく、体調をみながら調整します。また特にドライウェイトを下げる際は、一気に下げずできるだけゆっくり下げて、血圧低下などで体がきつくならないようにしています。

穿刺が痛い

痛み止めの貼り薬や塗り薬、スプレーなどを用意しています。ご希望に合わせて選ぶことも可能です。

飲み薬が多い

透析をしている方は腎臓の機能を補うためお薬が多くなってしまいがちです。宮崎南 じんクリニックではできるだけ不必要な薬を出さないようにして服薬の負担を軽減しています。また可能な限り患者様のご要望に合わせて内服方法の変更などを行っています。

透析以外の病気の相談はできるの?

内科全般のご相談は当クリニックで対応しております。もしも、専門的な治療が必要な場合には近隣の高度医療機関及び各科専門医にご紹介し、連携を取りながら治療していきます。

透析中にインターネットでいろんなサイトを見たり映画を見たりしたい

当クリニックでは透析室専用の無線WiFi接続を用意しております。ご自分のスマートフォンやタブレット端末、パソコン等でパケット量を気にすることなく透析中にインターネットをお楽しみいただけます。

食事は何に気をつけたらいいかわからない、薬を飲んでも検査の結果が変わらない

当クリニックの食事の基本方針は”好きなものをあきらめない”ことです。食事は人間に欠かせないものであり、また大事な楽しみの一つです。食事の好みも体に及ぼす影響も患者様によって千差万別で、これを食べていれば良いという正解はありません。クリニックでは毎月2回の検査結果を参考にそれぞれの方のお好みやライフスタイルに沿うような”大丈夫なライン”を探して行くお手伝いをさせて頂きます。また、施設入居中の方は施設の職員さんと話し合いをしながら食事の内容を考えていきます。

きつくなるし血圧が下がるのが恐いから
体重を下げたくない

体重調整は体調面からも慎重に行う必要があります。当クリニックでは緊急時を除き体重を下げるときには1-2週間程度かけてゆっくり下げていきます。こうすることで透析中の血圧低下や急激な体調悪化を防ぐことができます。逆に体重を上げるときには体調が悪いから上げることが多いのでいっぺんに目標体重まで上げることがほとんどです。

体力の低下が心配

透析患者さんは透析中の安静や透析による栄養分の漏出などで筋肉量が低下しがちです。できるだけ体力レベルを維持し”元気で長生き”を目指すために、当クリニックでは透析中の運動療法をお勧めしています。実際に多数の方がご利用中です。またそれ以外にもその方の状態にあわせた運動のアドバイスも行っております。

​フットケアって何ですか?

透析患者さんには足の血流が悪いため怪我が治りにくい状態の方が多くいらっしゃいます。そこから細菌等が侵入すると炎症を起こしたり、またそれがひどくなると切断しなくてはならないこともあります。当クリニックではそのような事態を防ぐため、定期的なフットチェック(足の診察)に加えて運動療法による血流改善、足湯の励行、ABIと呼ばれる動脈硬化の検査などの様々なチェックを行っています。異常があった場合には血管内治療や創傷の処置などの専門医と連携を取りながら治療をすすめていきます。

検査結果を詳しく知りたい

当クリニックでは採血やレントゲン、超音波検査などの結果を前の結果と比較してわかりやすくした報告書を作成してお渡ししています。気をつける必要がある場合にはスタッフからコメントやアドバイスをさせて頂きます。

食事は出ますか?

ご希望の方には当クリニックで腎臓、透析に配慮した食事をお出ししております(実費負担)。透析食は味気なくなりがちですが、塩分、蛋白を控えつつも味に妥協しない食事で、ご利用中の方にも大変好評です。また食べやすい大きさにカットしており、ご高齢の方にも食べやすく仕上げられています。

送迎サービスの範囲はどこまでですか?

宮崎市内及び宮崎市外近郊へ送迎サービスを行っております。詳しくは下記の電話番号までお問い合わせ下さい。

送迎サービスにお金はかかりますか?

当クリニックではすべて無料にて行っています。

シャントのことが心配です。

当クリニックではスタッフが毎回の透析前にチェックしており、それに加えて必要な場合にはシャントの超音波検査を行っています。また血管内治療(PTA)や再手術が必要な場合には、患者様にご安心いただけるよう、様々なケースにも対応できる症例数の豊富で各種設備の整った高度医療機関へ紹介しています。

急な容態の変化が心配です。

当クリニックでは救命救急に精通した医師が常駐し、AEDを含む各種救命器具、薬剤を揃えております。また近隣の複数ある高度医療機関までは救急車で5分遠くても15分程度であり、迅速な搬送による高度救命措置が可能です。