自分のシャントに詳しくなりましょう

October 13, 2018

シャントのことはなんだか難しくて医師や看護師任せになっていませんか?

 

シャント血管が細くなり血液の流れが悪くなると血液が中で固まって閉塞することがあります。


この場合は手術が必要になります。

 

細くなった血管は血管の中から風船でふくらませる治療(PTAと言います)を行い閉塞する前に回復させることが出来ます。

 

普段からシャントをチェックして異常を知ることでシャントが閉塞する前に治療につなげることが出来ます。

 

①見る


いつもに比べて血管の張りがなく見える場合は血管が細くなり詰まりかけている可能性があります。おかしいなと思った場合は触ってみましょう。

 

② 触る


シャントを触る癖をつけましょう。手術をして1月以上経過したシャントは皮膚の上から触っても問題ありません。触ってみて血管の張り、血流の流れ(スリルと言います)を感じてみましょう。異常がある場合は血管の張りやスリルが小さくなったように感じます。

        
③ 聞く


聴診器でシャントの音を聞いてみましょう。流れが悪い場合は血液の流れる音が小さくなります。細くなった血管は高い雑音が聞こえる場合があります。


自分用の聴診器を購入して聴く習慣をつけるのもお勧めです。

 

PDFファイルはこちらをクリック

Please reload

記事リスト

September 5, 2019

March 30, 2019

Please reload

アーカイブ

Please reload

カテゴリー

腎臓内科 宮崎市 透析 血液透析 宮崎県 宮崎 腎臓病 腎臓内科 CKD 人工透析 糖尿病 蛋白尿 血尿 

TEL 0985-54-1127

FAX 0985-54-1163

©2019 by South Miyazaki Kidney Clinic.