腎臓内科 宮崎市 透析 血液透析 宮崎県 宮崎 腎臓病 腎臓内科 CKD 人工透析 糖尿病 蛋白尿 血尿 

TEL 0985-54-1127

FAX 0985-54-1163

©2019 by South Miyazaki Kidney Clinic.

透析患者さんの血圧について

September 26, 2018

血圧は低すぎるとふらつきが出たり、透析中や透析後に体がきつくなったりする原因になります。

反対に血圧が高すぎると動脈硬化が進み、心臓や脳の病気を引き起こす可能性が高まります。

 

血圧はクリニックや家などでたくさん測定しますが、いつの血圧を一番参考にするかというと、

 

週初め(月・火)の透析前の上の血圧

 

です。

 

日本の指標では140 mmHg未満が一番長生き出来るとされています。また、海外の指標では140-160 mmHgがよいと言われています。はっきりした結論が出ていないのが実情です。

 

血圧が低すぎると体がきつくなるため、当クリニックでは

 

週初めの透析前の上の血圧130-160 mmHg


を大まかな指標としてそれぞれの患者様に合わせて調整しています

 

血圧が高い場合のコントロールはまずドライウェイト(体重)の調整を行いその後に降圧剤の調整をするのが一般的です。

 

また、ドライウェイトやお薬の変更がなくても天気/季節/体調等によって急激に変化することがあるので経験・知識に合わせた注意、調整が必要です。

Please reload

記事リスト

September 5, 2019

March 30, 2019

November 1, 2018

Please reload

アーカイブ

Please reload

カテゴリー